ブランデンブルク 協奏曲。 管弦楽組曲、ブランデンブルク協奏曲 リステンパルト&ザール室内管弦楽団(6CD) : バッハ(1685

ブランデンブルク協奏曲 名盤聞き比べ(CD比較)

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

1968年5月19日、ムジークフェラインでのウィーン音楽週間ライヴ。 またTrenknerはZenkerとともにも録音している。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番【2枚の名盤を解説】トランペットの明るい語りを受け入れよう!

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

カラリ、カラリと聞こえるは、空き缶、転がる高い音。 当時85歳であった巨匠との貴重な記録ともなりました。 そのバッハ一族は元々はパン職人だったそうです。

19

ブランデンブルク協奏曲

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

Sバッハ:ブランデンブルク協奏曲集 全6曲 ルドルフ・バウムガルトナー指揮ルツェルン弦楽合奏団ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)オーレル・ニコレ(フルート)モーリス・ブルグ(オーボエ)ギィ・トゥーヴロン(トランペット)、他 録音:1978年. ここでの私の役割は、演奏者たちに、それぞれが絶妙なバランスで響くようコントロールし、励まし、演奏者が確認できるようにすることだった。 CDスペックならではの押し出しと音の厚みを味わうことができる逸品です。 装飾音符もピノックより多めに感じます。

7

バロックトランペットでブランデンブルク協奏曲2番

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

品物には録音データが詳述されていないが、HMVのサイトでは「1977年11月30日~12月8日、ミュンヘン、ビュルガーブロイザールでの録音」とある。 音像は近くないですが、適度に残響が乗り、弦が繊細に聞こえます。

15

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番【2枚の名盤を解説】トランペットの明るい語りを受け入れよう!

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

テンポはほどほど軽快ですが、とくに速いというわけではありません。

17

音楽のフルーツバスケット。バッハ『ブランデンブルク協奏曲 第1番』

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

ブランデンブルク協奏曲は1994年録音で、上記の二楽団よりやや早い時期に録音されました。 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン BIS。 第5番で、フルトヴェングラーがピアノを弾いているが、これが聴きものである。

16

音楽のフルーツバスケット。バッハ『ブランデンブルク協奏曲 第1番』

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

第3楽章 また田舎のお祭りがはじまります。 それが、 クラシック音楽の、醍醐味ですよね。 第1番以降については、それぞれに見られる楽器編成や、高い演奏技術が求められることなどから、ケーテンのに就任してからの創作と思われる。

9

バロックトランペットでブランデンブルク協奏曲2番

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

全体のテンポは、昔の伝統的なオーケストラのしっかり遅い演奏というのとは違うながら、概ね ゆっくりオーソ ドックスで、快速な傾向は全くありません。 商品の情報 シューリヒト生涯最後のスタジオ録音であるブランデンブルク全曲が待望のSACD化! しかし、この曲群は、バッハの中でも特に親しみやすい曲といえます。 ここでは、通常の通し番号順にご紹介していくことにします。

15

ブランデンブルク協奏曲 名盤聞き比べ(CD比較)

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

そっと顔をあげると、何人かのスーツ姿のサラリーマンやOL、学生服の学生がやっぱりうつ向いて座っていたりして…。 指揮のサヴァールは、第6番でBasso di Violaを弾いている。

19