させ て いただく。 【失礼な敬語】「させていただく」の使い方を間違えていませんか?

ことばのレシピ 敬語実践の巻 「~いただく」と「~くださる」

て いただく させ て いただく させ

相手が自分よりも低い位置を見なし「鳩に餌をくれる」のように使います。 例えば上司の家に訪問し、その家には上司の幼子がいたと。 A ベストアンサー どちらでもいいというのが結論かと思います。

「していただく」は「して頂く」と書いちゃダメ?「いただく」の正しい使い方

て いただく させ て いただく させ

ふたつの謙譲語が入っている表現ですが、立てている人が違うために成立する表現。

1

「いただく」と「頂く」の正しい使い分け方と違い

て いただく させ て いただく させ

2 敬意を表して高くささげる。 「させてもらう」の謙譲語。 例えば来客に「どうぞ頂いてください」とお茶などを勧めるのは誤用です。

11

いただく

て いただく させ て いただく させ

ユーザーID: 4758988485. また、他の回答にありましたように、一般に「戴」の文字のほうが、丁寧な感じ、かしこまった感じがすると思います(確たる根拠はありません)。

3

「いただく」と「もらう」の使い分けを教えて下さい

て いただく させ て いただく させ

『』 コンテンツ提供元:光文社. 無理に「させていただく」を使うことはない。 このうちどちらか一方が正しくて、もう一方は誤りなのではないかと迷うこともあるようですが、実際はどうなのでしょうか?いくつかの例をあげて考えてみましょう。 まずは元になっている「もらう」と「くれる」の言葉から見ていきましょう。

いただく:謙譲語、尊敬語、丁寧語

て いただく させ て いただく させ

そのようなイメージを狙うこともできるかと思います。

9