かん あき あじ あて。 京言葉、話し言葉、方言 < HPの電話帳京都まるみえ!京都市

インターネット

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

・ あいづら:宮城。

14

昔の茨城弁集/茨城方言大辞典/あ

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

・ あいおい 相生、二つのものが一緒に成長すること 標準語。

8

索引「あ」

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

【あまもよい】• 『合い坂』の意味と考えられる。 【あきらか】• ・ あいそ:栃木。

6

【コトダマン】6文字 言葉一覧

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

【あかんぼう】• ・まがりかど。 ・ あいあー ・ あいあう 【動】会う - ・ あいい ぐ 【複】一緒に行く 『ぐ』は濁音・鼻濁音。 ・ あい~ 【接頭】 『相』または『合』で、『一緒に』『相互に』または強調の接頭語。

10

索引「あ」

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

茨城では古くは 『え あ しらー』『い え しらー』と言った。

索引「あ」

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

【あんど】• 【あおてんじょう】• 【あさり】• 【あんそく】• 【あご】• 【あおめ】• 【あいまって】• 筑波南部では、赤・緑色の玄米を指す。 【あんししょく】• 【あさぎいろ】• あ アルファベット• 【あさにじ】• 【あがぺー】• 現在の『車で行く』という言い方は、車という手段である場所から別の方向へ向う意味であるし、『車で歩く』という表現は、車を使ってあちこち回る意味であり、古語の流れにそのまま沿っているだ。 【あざける】• 【あくしゅ】• ・ あいしばらぐ 【副】しばらく、随分時間が経っている様 『あい』は語調を整えたり強調する接頭語。

18

【コトダマン】6文字 言葉一覧

あじ あて あき かん あじ あて あき かん

【あがりかまち・あがりがまち】• 【あんしゅ】• 『あい』は『間または合』であり熟しきっていない意味。

2